インバウンド実務主任者認定試験では、インバウンドに関する様々な知識を持ち、インバウンドビジネスを展開する力を認定します。

認定カード更新

カード更新をするには定期講習を受けて下さい。

当協会では、インバウンド実務主任者認定試験の合格者に「合格証書」と「認定カード」を交付して、インバウンドの知識と実務能力を認定しています。

しかしながら、真剣に学習されて得られた知識も、日時の経過とともに失われてしまうことが多々あります。

また、法律や社会知識においては、年月の経過とともに内容が大きく変わってしまう事も決して少なくありません。

そこで、当協会は認定カードに有効期限を設け、期限が到来すると、更新手続きとして、講習や更新テストを受けていただく更新制度を設けています。

インバウンドに関するオンライン講習会を、年1度、受講することで、2年後に新カード(2年間有効)が届きます。

新制度では、インバウンド実務主任者資格保有者が、知識や技能を更に高め保持し続けることを目的に、オンラインによる、インバウンド実務主任者の定期講習を1年に1度、2年間受講された方に「更新カード」(2年間有効)を交付しています。

カード更新を希望する皆様におかれましては、毎年1回、必ず定期講習を受講されることをお願いします。 原則として、2年間で2回の講習を受けないと、新制度では合格認定カードは発行されません。

インバウンド実務主任者として定期講習を4年間、4回受講すると、「インバウンド実務プライム主任者」に昇格します。

4年間インバウンド実務主任者として、4回の講習を受講し、2回のカード更新を行った方に「インバウンド実務プライム主任者」の資格を付与することとなりました。この制度は、令和2年8月以降に更新された方々から適用致します。


新制度の変更点の要点 (講習、更新料、カードデザイン)

更新者に新カードを交付する際にお支払いしていただいている更新料は、定期講習の講習料としてお支払いいただく形式に変更となります。すなわち、1年に1回講習を受けていれば自動的に新カード(2年間有効)を交付します。変更内容は次の通りです。

◇定期講習料受講時に2,000円

1年1回の定期講習料を受講時にお支払いしていただきます。

◇新カードデザイン写真データをアップロード

本人写真付きのゴールドカードになります。

◇期間外講習受講料 5,000円3,500円
(好評につき、キャンペーン期間を10月末迄、延長しました)

今まで更新をしていなかった場合、講習忘れの時に受講していただきます。

※定期講習は1時間程度、内容は、インバウンドの復習とインバウンドに関する新しい動向などの講習です。

※期間外講習は2時間程度、内容は、インバウンドの傾向や動向などを、定期講習より詳しく解説します。

※今まで更新手続きを行っていなかった方や、講習を忘れてしまった方には、当分の期間、期間外講習を受講することでカード発行を行います。




定期講習の申込

(更新講習)

期間外講習の申込

(更新講習)



>>資格取得証書及び認定カード発行規約(抜粋)






現在、認定カード更新のため、定期講習を受ける必要がある方

現在、以下のインバウンド実務主任者の方々に定期講習を実施します。カード更新をするには、定期講習、又は期間外講習のお申し込みをしてください。お申し込みをされますと、オンライン受講用のURL、ID、パスワードをお知らせします。オンライン受講はID、パスワード発行から1か月以内にお願いします。

現在、カード更新から2年経過したインバウンド実務主任者の方々の認定カード更新を行っています

現在、下記の有効期限(取得月)の方々の更新講習手続きを行っています

認定カードの有効期限(取得月)が以下の方々

2年以上カード更新を行っていない方は、期間外講習を受講することで更新することができます。


取得月有効期限申込手続期間受講期間
10月2021年10月8月1日~10月31日8月15日~10月31日
11月2020年11月9月1日~11月30日9月1日~11月30日
2021年11月9月1日~11月30日9月1日~11月30日

※有効期限月の2カ月前の1日から有効期限月の末日までにお手続きをお願いします。

※有効期限が2020年の方は、写真付き、2年間有効の認定カードをお送りいたします。

※有効期限が2021年の方は、写真付き、1年間有効の認定カードをお送りいたします。

※定期講習は次年度の同時期に受講をお願いします。(毎年受講)

インバウンド実務主任者認定試験に合格され、2年以上、更新のお手続きを行っていない方

現在下記に該当する方々の期間外講習の受付を行っています。

 インバウンド実務主任者認定試験に合格され資格取得されたが、その後カード更新をされていない方


カード更新・講習会の申込(更新の手続)

定期講習の申込

(更新講習)

(60分研修 2,000円)

毎年1回定期的に受講していただく講習です。更新カード取得に必要です。インバウンドに関する新しい動向などを学習します。

期間外講習の申込

(更新講習)

(120分研修 5,000円3,500円

好評につき10月末迄キャンペーン延長

今まで更新していない方、定期講習を忘れていた方等が、カードを取得する場合に必要です。インバウンドに関する新しい動向などを詳しく学習します。










講習の申込と受講時期、通常カード、上級カードの取得についての流れ

新しい更新ルールに基づく「2年経過者」「1年経過者」「新取得者」ごとの、講習の申請日、受講日、更新カードの取得に関する「4年間の流れ」は下表のとおりです。講習を受講してインバウンド実務主任者としての知識を磨き、4年後には「インバウンド実務プライム主任者」を取得していただきたいと思います。下記のルールとスケジュール表を熟読して下さい。講習は、パソコン・タブレット・スマートフォンで受講できます。


認定カード更新の新ルールについての流れ説明

【要点】

◆認定カードの有効期間は、更新を行った日に関わらず、「取得月」を起点として2年ごととなります。

例)令和2年6月(2020年6月)に受験されて合格された方は、令和4年6月(2022年6月)が有効期限となります。

◆上記の場合、次の新カードを取得するには、令和3年4月1日~令和3年6月30日及び令和4年4月1日~令和4年6月30日に2回の定期講習を受講する必要があります。

◆上記の場合、受講手続(更新手続)を4月1日から6月30日までの間に行って、同時期、4月1日から6月30日までの3カ月の間に受講して下さい。

◆今まで、2年以上更新をしてこなかった方は、期間外講習を受講してください。ただし、資格取得時期によって交付されるカードの有効期限が変わります。なお、定期講習さえ受けていれば次の新カードは自動的に交付されます。

◆現在の資格保持者の場合、本年度から更新の際に、毎年講習を受講していただくと、4年後の令和6年 (2024年)にインバウンド実務プライム主任者となります。

◆更新から1年経過した方で、更新年でない方も更新講習を受講して下さい。4年後の令和6年(2024年)にインバウンド実務プライム主任者となり上級カード(1年間有効)を交付します。

講習の受講と更新カードの交付スケジュールは、資格取得時期や更新状況によって下記のように様々なパターンがあります。ご自分の講習・更新パターンをご確認ください。  ただし、定期講習を毎年受講していれば、新カードは自動的に交付されますのでご安心ください。

【講習パターン 1】

(1)2年前の資格取得者で今年更新時期が来る方


【講習パターン 2】
(2)1年前のカード更新者で定期講習の受講をお考えの方

(更新から1年経過者で、更新時期ではなくても、今年講習を受講していただくと4年後に上級となります)


【講習パターン 3】
(3)今まで更新2年以上していない方で期間外講習の受講をお考えの方

(有効期限月まで1年未満の方は下記のとおり1年未満のカード、2年未満の方は2年未満のカードとなります)


【そのほかの講習パターン を見る】
(これから資格を取る方、講習を受けない方など)


定期講習の受講とカード更新 新制度に関するQ&A

当協会では、検定試験の合格者に「合格証書」と「認定カード」を交付して、知識と実務能力を認定しています。

しかしながら、真剣に学習されて得られた知識も、日時の経過とともに失われてしまうことが多々あります。また、法律や社会知識においては、年月の経過とともに内容が大きく変わってしまう事も決して少なくありません。

そこで、当協会は認定カードに有効期限を設け、期限が到来すると、更新のためには、講習とチェックテストを受けて頂く更新制度を設けております。

Q.講習を受けなかったり、更新しないと、せっかく取った資格がなくなってしまうのですか?

A.そうではありません。合格された実績や、認定の結果として授与した証書は一生変わりませんので、履歴書や身上書に書いて頂けます。
 ただし、名刺などにロゴを刷り込んで資格をアピールして頂く場合には、ダウンロードできるロゴに有効期限が入っていますので、更新を行って頂くことになっています。
 また、認定カードについては、更新しないと有効期限が過ぎたカードになってしまいますので、更新して新しいカードを発行してもらうとよいでしょう。

Q.講習を忘れて、カード更新をしなかったですが、どうしたら良いでしょうか?

A.更新期間が過ぎている場合や期間外の場合、少し受講料が高い期間外講習を受けることで、新カードを取得することができます。ただ、協会としては、せっかく取得した資格を十分に利用するためにも、更新は必ず行ってほしいと思います。

Q.講習を受けてカード更新をすると何が変わるのですか?

A.まず、定期講習を受けることで、あなたの実力が保てます。また、定期講習を受けていると、有効期限が延長された新カードが交付いたします。また、有効期限入りのロゴデータやロゴシールが取得出来ますので、認定カードを提示して自らの知識をアピールしたり、名刺などにロゴや資格名を表示して対外的に信用を強化することができます。
なお、更新していないとアップグレード講習会などが受講できませんのでご注意ください。

Q.受講やカード更新はいつすればいいのですか?

A.原則、資格を取得した「取得月」を起点とし、2年間ごとに新有効期限のカードを交付します。カード更新は資格取得月に毎年受講していれば、有効期限が変更された新カードが皆様の手元に届きます。
定期講習を受けなければならない、定期講習月が近付いた時、メールでお知らせします。また、忘れてしまった場合や、ご不明な点は遠慮なく当協会にお電話下さい。
なお、認定カードの有効期限は、講習や更新手続きを行った月に関わらず、原則、資格の「取得月」を起点として2年ごととなりますのでご注意ください。

Q.全情協資格者部会に入会すると更新料や更新セミナーが無料なのですか?

A.全情協資格者部会は毎年の更新料が免除されます。なお、複数の試験に合格されている場合や、アップグレードの更新の際にも全て無料となります。多くの資格を持っていらっしゃる方は大変お得です。(ただし、講習の受講は必要です)
また、一部の試験は更新に際し特別講習が開催されますが、特別講習を受講する場合も無料となります。

Q.アップグレード講習会などを受けなくてもカード更新はした方が良いのですか?

A.年月の経過とともに、法律や技術は著しく変化する場合があります。その場合、講習会や確認テスト等によって新しい知識を吸収する必要があります。また、人間はせっかく記憶した知識でも時間の経過とともに忘れてしまうことも多いので、定期講習会を受講して思い出す必要があります。

申請書(個人用)

インバウンド実務主任者認定試験の受験料の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

会員募集中!!

特典が多数

インバウンド
実務士会

詳細は
こちら

学生さんページ

就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

>>詳細はこちら

令和2年12月13日開催

第24回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

ハラスメントから会社を護る

第7回 令和3年1月31日開催
認定ハラスメント相談員
Ⅰ種試験

申込期限:12月10日迄

お申込みはこちら

インバウンド実務主任者とは

Japan.Shopping

ASAHIWeekly

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 角川アスキー総合研究所

↑ページトップへ