インバウンド人材育成ディレクター認定講習会

   

「インバウンド人材育成ディレクター」認定講習会

現在、政府は2020年には4000万人、2030年には6000万人のインバウンドを迎え入れる計画を立てています。

その4000万人と6000万人の計画の内訳はリピーター数を、其々60%の2400万人、60%の3600万人としているのです。この60%のリピーターを確保するのは決して簡単なことではありません。「日本にきて大満足」、日本にもう一度行きたいという強い気持ちを抱かせることが必須の条件なのです。

この「大満足」を抱かせるのは、まず何よりも、日本をご案内し、おもてなしをする「人」です。満足は勿論「物」「事」「食」「遊」すべてが大切ですが、「人」に優るものはありません。

そのためには、インバウンドに携わる「インバウンド人材」全員の質を高め、訪日外国人すべてに「感動」を与えなければなりません。

また一方では、新規に来訪する外国人に向けて「日本の魅力」を強く発信して、しっかり誘客できる情報発信ができる人材の育成も極めて重要です。そのためには、集客のための広報活動、例えばSNSやWebなどを有効に活用する技術も絶対に必要となります。

そのような視点に立ち、当協会はインバウンドビジネスに携わる材の養成を行うことができる、インバウンド人材養成ディレクター認定講習会を開催することとなりました。


講習内容予定

  1. ツーリズムのプロフェッショナルとは
  2. 地域を牽引するディレクターとは
  3. 国際的能力とは
  4. ITスキルの研究
  5. マネジメント力の強化

※講習内容は変更となる場合があります。

■開催日

平成30年5月中旬以降開催予定

開催日程が決まり次第HP上にて公開致します。

1日間の講習とレポート提出となります。
時間は10:00~18:00(レポート作成含む)です。

昼食は各自でお取りください。

■会場

【東京】 全日本情報学習振興協会 7階 大会議室

住所:千代田区三崎町3-7-12(JR水道橋駅から徒歩2分)  アクセス

■講師

後日発表予定です。

■受講資格

インバウンド実務主任者 合格者

認定カードの有効期限が切れている方は更新してください。

■受講料

20,000円(税別

■持ち物

受講票・筆記用具類

資料となる書籍を持参して頂いても結構です。

受講票は開催日の一週間前までにお送りします。届かない場合は主催団体の全日本情報学習振興協会までお電話ください。→03-5276-0030

お申込み手続きが開催日一週間以内の場合は、受講票を発送いたしません。申込時に自動返信された受付完了のメールをプリントアウトしてお持ちください。

■認定

講習会受講終了後にレポート作成を行って頂き、審査に合格された方を「インバウンド人材育成ディレクター」として認定致します。

上記講習会企画は、内容が変更となる場合がございます。


インバウンド人材育成ディレクターに認定されると、認定証書及び認定カードが交付され、DHRD認定ロゴのダウンロードが可能となり、自らをアピールすることができ、自信と責任を持って活動することができます。

  1. 認定証書と認定カード
  2. 下記の認定証と認定カードが交付されます。認定カードには2年間の有効期限が設定されており、2年毎に更新する必要があります。

  3. 認定された方はロゴを使用することができます。
  4. インバウンド人材育成ディレクターに認定されていることを証明します。名刺などにロゴを印刷して、インバウンドビジネスにおいて、高い知識を有していることをアピールすることができます。

試験申込試験申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

インバウンド実務主任者とは

ASAHIWeekly

インバウンドスクール

INBOUND PLUS

#日本國内旅遊連結 中国、台湾人の為の日本紹介リンク集

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 産経新聞社 朝日新聞社 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ