第2回インバウンド検定 平成29年10月29日(日)開催

インバウンドビジネスを有利に展開するインバウンド ディレクターに必須の資格
インバウンド実務主任者認定試験がスタート

第2回

インバウンド実務主任者認定試験

本試験を通してインバウンドの現状と動向、インバウンドビジネスの実際と対策、インバウンドの集客、訪日外国人の理解と対応、ニューツーリズムや観光街づくりについての知識を学びます。インバウンドビジネスに携わっている方は本試験を通して必須の知識を身に付けましょう。

平成29年10月29日(日)開催
申込期間 平成29年9月28日まで
実施会場  札幌 仙台 東京 千葉 埼玉 横浜 名古屋 京都 大阪 広島 福岡 沖縄 全12会場

史上最高 前年比21.8%増
2016年は訪日外国人が過去最高の2,403万9千人となった

(2016年1月~12月)

2016 年の訪日外客数は前年比21.8%増の2,403 万9千人で、日本政府観光局が統計を取り始めた1964年以降、最多の訪日者数となりました。

これは、クルーズ船寄港数の増加や航空路線の拡充、これまでの継続的な訪日旅行プロモーションに加え、ビザの緩和、消費税免税制度の拡充等が、主な増加要因として考えられます。


訪日外国人旅行者の推移

国別では、中国が前年比27.6%増の637万人と、全市場で初の600 万人台に達し、昨年に引き続き最大訪日国である。次に、韓国が初めて500 万人を、台湾が初めて400万人を超え、香港を加えた東アジア4か国・地域で、前年比23.1%増の1,700 万人超となりました。

また、欧米豪の9カ国でも前年比17.7%増の295 万6千人と300万人に迫る規模となり、堅調に増加しています。


新たなビジネスを生み出すチャンス、地方を創生するチャンス

このチャンスを見逃すわけにはいかない

この試験の課題は、何一つ知らないでは済まされない


インバウンド学習用データ集

サンプル問題




試験申込試験申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

インバウンド実務主任者とは

参考書籍・学習教材

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会
後援 : 産経新聞社 朝日新聞社 角川アスキー総合研究所 一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会

↑ページトップへ