参考書籍・学習方法

インバウンド実務主任者認定試験に合格するための学習

受験学習のために

(1)本検定は、今回が第1回試験であることから、受験生の皆様の学習を支援するために、次のような情報と学習用の教材を提供します。

・資料請求者には
本サイトから資料請求された方には4月末日までに100問程度(70ページ程度)の学習用の問題集を送付します。

・サンプル問題
現在試験の学習用のインバウンド実務主任者認定試験のサンプル問題40問がネット上でご覧いただけます。
学習用のサンプル問題の追加を逐次行ってまいりますので本ページをご確認して下さい。

サンプル問題を見る

・学習用のデータ集
当協会サイト上よりダウンロードできる各種の学習用データ集を公表しますのでご確認下さい。

インバウンド学習用リンク集を見る

・申込者先着3000名様に下記2冊をプレゼント
 ▽サンプル問題100問程度の問題集(70ページ程度)
 ▽インバウンド用語集(100ぺージ程度)

4月末までに受験申込みされた方には5月12日頃までに送付します。5月1日以降に申し込みをされた方はお申込みから2週間程度で送付いたします。
  ※3000名になり次第締め切りとさせていただきます。


(2)市販書籍で試験勉強に適切なものを推薦図書として公表します。

参考書籍はあくまで参考書籍として例示させていただいております。本検定の対象となるインバウンドビジネスの試験内容は多岐にわたります。市販書籍は、それぞれの専門の方々が、重要と考える部分に就いて詳解しているものが多いようです。したがって、市販の書籍で試験の範囲すべてを網羅した書籍は存在しないと思われます。

出題内容は下記の項目となります。章ごとにさらに10項目程度に内容が細分されます。詳しい内容は下記をクリックしてご覧ください。

サンプル問題を見る


①推薦書籍(3冊)

これらの項目を学習するためには、下記の3冊をお読み頂けるとおおよそ全体をカバーして、合格水準に達すると思われます。ただし、それでも出題範囲のすべても網羅しているわけではありません。3月末に当協会の「ネット上で公表する資料」および、4月末に受験者にお配りする「インバウンド用語辞典」を学習することですべての分野がカバーできると思います。

観光サービス論
観光を初めて学ぶ人の14章
定価:2,300円(税抜)
著者:安田亘宏
発行:古今書院
判型・ページ数:
 A5判266ページ

書籍を購入する
インバウンド
ビジネス入門講座
第2版
定価:1,680円(税抜)
著者:村山慶輔
発行:翔泳社
判型・ページ数:
  A5判223ページ
書籍を購入する


観光ビジネス
未来白書
定価:2,500円(税抜)
著者:加藤弘治
発行:同友館
判型・ページ数:
 B5判165ページ

②推薦資料集(2冊)

この2冊は、観光庁の白書と、日本政府観光局(JNTO)の旅行誘致ハンドブックです。これらの書籍の素晴らしさは言うまでもありません。様々な、観光、インバウンドデータが満載で、しかも、あらゆる分野を網羅しています。これらの資料を読み込んで下されば、合格どころか専門家になれるものです。ただ、データ満載で食傷気味になってしまうかもしれません。インバウンドビジネスを考えているならば、試験を別にしても買っていただけるとよいと思います。ただ、同じ内容のデータは一部HPで公表されているので是非見て下さい。

平成28年版観光白書
定価:1,852円(税抜)
著者:国土交通省
    観光庁
発行:全国官報販売
    共同組合
判型・ページ数:
 A4判288ページ
JNTO訪日旅行誘致
ハンドブック 2016
定価:10、000円(税抜)
著者:日本政府観光局
発行:国際観光サービス
 センター
判型・ページ数:
 A4判236ページ

試験申込

資料請求

協会トップページへ

インバウンド実務主任者とは

参考書籍・学習教材

↑ページトップへ